美容健康効能効果作用

現代は、ひとりひとりが日常生活の中で健康を守る時代になっています。
一次予防として、病気にならない体を作る普段の健康管理が重要といえるでしょう。

今日の主流は、現代医学ですが昨今は心と体へホリスティックに働きかける植物療法などが注目され、代替・補完医療も浸透してきました。

このサイトでは、美容健康の維持に役立つ食品の効能や病気予防・症状改善・代替・補完医療・民間療法・アロマテラピーなどのさまざまな効果・作用についてご紹介しています。


アロマテラピー&ハーブ

毎日の美容・健康管理に役立つひとつの方法がアロマテラピーハーブです。

アロマセラピー

日本には、昔からのどが痛むときはネギを巻いたり、寒くて手足が冷えるときは生姜湯を飲んだり「おばあちゃんの知恵」のような民間療法や家庭の医学がありました。

アロマテラピーハーブの利用も決して新しいものではなく、古くから行われている伝承療法のひとつで、長い歴史の中で養われてきた人々の知恵といって良いでしょう。

近年では、アロマテラピーハーブに関する化学的な実証も進んでおり、新たな展開を迎えています。

アロマテラピーハーブの魅力は、普段の生活の中でごく普通に楽しめ、役立てられる点でしょう。
日常生活に取り入れることで、自分の体や心の状態に目を向けるきっかけにもなるので上手にアロマテラピーハーブを利用しましょう。

アロマテラピー

アロマ(aroma)は「芳香」、テラピー(therapy)は「治療」という意味です。
この2つの言葉を合わせた造語が、アロマテラピー(aromatherapy)つまり「芳香治療」です。

ハーブ

私たちの日常生活に役立ち植物を総称してハーブと呼びます。
中でも、健康に役立つ薬用植物、植物療法に利用されるハーブを「メディカルハーブ」と呼ばれ、自然療法のひとつとして認知されています。