アーティチョーク

ヨーロッパでは食材としても人気のアーティチョーク、肝機能を高める作用は二日酔いにお勧めです。

アーティチョークのつぼみは地中海沿岸を中心に食材として利用されています。
生のほか、缶詰めでも販売されており、蒸してサラダにしたり、詰め物をして焼いたりして食べられます。そのすぐれた肝臓への作用からベトナムでは薬草茶として利用されています。

学  名Cynara scolymus
和  名チョウセンアザミ
科  名キク科
分  類(耐寒性)多年草
使用部分花、葉
原産地オリエンタル系 異国情緒を感じさせるエキゾチックな香り


アーティチョークの効能効果作用

  • 強肝作用、消化促進作用、胆汁分泌促進作用


苦味質は肝機能アップ、消化促進、強壮など効能豊富。高コレステロール改善にも。

アーティチョークに含まれる苦味質は、肝機能の働きを活発にするといわれ、花と葉がハーブティーやサプリメントとして利用されます。

肝臓への作用から、二日酔いに良いとされるハーブなので、お酒の量が多かったときはハーブティーにして飲むのがお勧めです。

アーティチョークの苦味質は、ほかにも消化機能を促進し、強壮する働きもあり、コレステロール値を下げる作用があることも知られています。
夏バテや神経性の食欲不振の解消にも使用されます。


アーティチョークの適した利用法

ハーブティー

  • さわやかな味わいですが、やや苦味のあるお茶です。
    食欲不振や二日酔いなど、体調がすぐれないときのサポートとして飲むのが良いでしょう。


アーティチョークのお勧めブレンドティー

アーティチョーク小さじ1/3+ペパーミント小さじ1

  • スーッとする香りがとてもさわやかなブレンドです。
    肝機能を高めるほか、消化を促したり、胃もたれを解消するのに役立ちます。


アーティチョークの注意事項

  • キク科アレルギーの人は利用を避けましょう。
    妊娠中・授乳中は利用しないほうが良いでしょう。

  

アーティチョークの関連ページ・通販情報