風邪の予防改善に効く食べ物  梅干しの黒焼き

梅干しの黒焼きは、昔から知られるかぜの民間薬です。
かぜで熱があるときや、咳止めに効果があります。
梅干しをホイルに包んで金網にのせて黒焼きにします。
これを2個、粗くくだいて熱湯を注いだものを飲むと、汗がタップリ出て熱が下がります。
なお、梅酢をお湯で割って飲んでも、同様の効果が期待できます。

黒焼きの作り方

漢方では「焼いて性を存す」といい、生薬を黒く焼く方法が良くとられてきました。
民間療法でも梅干しの黒焼き、ナスのへたの黒焼きなどが広く知られています。

家庭では、簡便にアルミホイールに包んで網焼きにする方法が向いています。

最初は、焼ける臭いがしたり、多少煙が立ち上ったりしますが、そのうち臭いも煙もなくなります。
十分に焼けたらそのまま完全に冷まし、それからホイルを開きます。
熱いうちにホイルを開くと灰状になってしまうことがあるので注意しましょう。

黒焼きは、かびたりいたんだりする心配がないので、多めに作り置きしておくと良いでしょう。
しっかりふたのできる広口ビンなどに入れ、常温または冷蔵保存しましょう。