精油(エッセンシャルオイル)

アロマテラピーになくてははじまらないのが精油(エッセンシャルオイル)です。
このオイルには、植物の有効成分が凝縮されています。
エッセンシャルオイル小さな瓶の中には、植物が持つ豊かな香りとたくさんの効能が詰まっています。


精油の抽出

植物は細胞の中に油胞と呼ばれるものを持っており、精油はその中に蓄えられています。

精油

それを、特殊な方法で抽出したものが、精油(エッセンシャルオイル)です。
油胞のある場所は、植物によって花や葉、根、樹皮、樹脂などさまざまです。

芳香植物は、約5000種類あるといわれていますが、その中で現在一般的に精油として利用されているのは約300種類位です。

しかも、植物から抽出される精油の量はごくわずかで、例えば1トンのラベンダーから抽出される精油の量は約10kgです。
また、ローズの精油1滴を抽出するには約50本のバラが必要とされます。

精油の中には大変高価なものもありますが、それは原料に対する抽出量の少なさが関係しています。


精油の特徴

精油の特徴の一つに、水に溶けずにアルコールや油には溶けるという性質があります。
このため、精油をマッサージで使用する際は、植物油で希釈して(薄めて)利用されますし、ルームスプレーやお掃除に使うときは無水エタノールに溶かしてから水に混ぜます。

もう一つの特徴は、芳香があり高い揮発性(常温で液体が気化すること)を持っていることです。
この高い揮発性があるため、香りが空気中に広がり、その香りを楽しむことが可能になるのです。

そして重要な特徴は、薬効があることです。
この薬効は、薬や化粧品など幅広い分野に利用されています。
精油は、数十種類から数百種類の天然の化学成分で形成されていて、その成分の違いが香りや効能の違いを生み出し、精油の個性をつくります。

精油は植物から抽出した天然のものですが、有効成分が凝縮されているので直接肌にはつけず、必ず希釈して使用します。


 


精油の関連ページ・通販情報